ユーネクストの海外ドラマ「ヤングシェルドン」がおすすめの理由

ユーネクストの海外ドラマ「ヤングシェルドン」がおすすめの理由 海外ドラマ

ユーネクストで独占配信している海外ドラマの中で私が大好きなのは「ヤングシェルドン」

おもしろいだけでなく子供たちが出ていることもあって可愛いのでシーズン1と2は2回観ました。

アメリカのCBS局のドラマですが、日本ではユーネクストで独占配信しているだけなのであまりメジャーではないかもしれません。

ヤングシェルドンはどんなドラマ?

1話30分以内で1話完結ドラマです。「ビッグバンセオリー★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」という海外ドラマの主人公であるシェルドン・クーパーの子供の頃を描いています。このドラマのナレーターをつとめるのは「ビッグバンセオリー」のシェルドンを演じるジム・パーソンです。

こちらがヤングシェルドンを演じるイアン・アーミテージ、ビッグバンでシェルドンを演じるジム・パーソンズのお二人です。

「ヤングシェルドン」のおすすめポイントですが、成人したシェルドン・クーパーはIQ187と天才的な頭脳の持ち主です。けれど、ユーモアや皮肉など人の気持ちがわからない青年と表現されています。

子供時代のシェルドンは小学生なのに兄と同じ高校に飛び級するほど頭がいい男の子です。周りからは変わったおかしな子と言われています。

保守的なテキサス州に家族で住んでおり、母親はとても信心深く、父親はフットボールのコーチ、兄と双子の妹がいて、向かいの家におばあちゃんも住んでいます。

私が好きなのはシェルドンの双子の妹ミッシー、すごくシラケた大人びたことを言ったりするのが笑えます。

おばあちゃんは劇中ではミーモと呼ばれていますが、英語圏ではおばあちゃんのことをミーモと呼ぶそうです。日本でバアバというような感じでしょうか。おばあちゃんのアニー・ポッツ(ゴーストバスターズやトイストーリーのボーピープの声でおなじみ)がこれまたぶっ飛んだところがあって笑えます。

シェルドンは頭がいいのに空気が読めなくてハッキリものを言ってしまうんですが、高校の先生たちの対応がこれまた笑えます。

ハマればとても楽しめる、就寝前のひと時に観るのに適しているドラマだと思います。

「ビッグバンセオリー」を観ていなくても、また「ビッグバンセオリー」は好きじゃなかったという人でも、「ヤングシェルドン」は楽しめますのでご安心を。

どんな人におすすめ?子供も観れる?

女性と、コメディ好きな人におすすめだと思います。

子供が出ているのでお子さんが観るのに適しているかどうか、難しいところです。90パーセントくらいはオーケーだと思いますが、一部、それは大人向けのギャグだろうという下ネタも出てくるので注意が必要かな。

このドラマはアメリカでシーズン5が放送されていて、まだまだ続きそうな予感がします。シーズン3では随分ミッシーが成長してきた感があります(女の子の方が成長が早いですよね?)

個人的には、家族の成長物語みたいに子供たちが大人になっていくまで続けて欲しいなと思います。

ヤングシェルドンのキャスト

CBS局のヤングシェルドン公式アカウントからお借りました。キャスト紹介にとっても便利です^^

1.シェルドン
2.ママ
3.ミッシー(シェルドンの双子の妹)
4.ジョージー(シェルドンの兄)
5.パパ
6.ミーモ(おばあちゃん、ママの実母)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Young Sheldon(@youngsheldoncbs)がシェアした投稿

ユーネクスト他どこで観れる?

アマゾンプライムビデオでシーズン1、2は有料であります。ユーネクストだとシーズン1から3まで見放題配信となっています。なので、U-NEXTでぜひご覧になってくださいね。

コメント