セックス・アンド・ザ・シティ続編6話AJLTのネタバレ感想

セックスアンドザシティ続編6話AJLTネタバレドラマ/コメディ

第6話「15年という価値」独占配信中のU-NEXT(ユーネクスト)で視聴。ネタバレありの感想をお届けします。

今回はミランダ役のシンシア・ニクソンが監督。原題が「Diwali」ディワリとはインドのヒンドゥー教のお祭りのことです。この時にキャリーが着ている服が違うとかそぐわないとかSNSで話題になっていました。

キャリーアパート買ってすぐ売る

ネタバレありの感想です!

キャリーが買ったアパートメント、窓が大きくて見晴らしはいいんだけど、真っ白で広くて何か落ち着かなくない?

しかも、たくさんの荷物をあずけてある貸倉庫に、必要なものを取りに行くのだけど、いちいち段ボール箱あけて中身を確認してて、ビッグのレコードを目にしちゃって泣くキャリー。

 

段ボール箱に紙が貼ってあるのは中身の内容が書いてあるんじゃないの?違うの?

 

アパートも買ったばかりなのに、結局、気に入らないから売っちゃうのよね。いくらなんでも別世界の話よね?

 

ビッグが亡くなり、15年ぶりに独身に戻りひとりで暮らすことになったキャリー。

キャリーが昔いつも身に着けていた「キャリー」という名の入ったネックレス、それをつけるシーンがあります。

「そして、こんなふうに、このいとおしい15年を私は思い出した。」

 

全親が泣くシャーロットの奮闘

シャーロットは、ふたりの娘の成長についていけなくて空回りしている。理解しようと努めているけど、何か違うのよって娘に達観されてるみたいでした。

 

そして、ミランダとチェのことで、シャーロットだけ何も知らなかったから喧嘩になっちゃう!お外でピクニックみたいにランチしているのに、いくつになっても・・・激高しやすい^^

 

ちなみに、シャーロットが着ていた赤い花柄のボウタイブラウスが可愛かったです。

 

ミランダの喘ぎは見たくないぞ

今回はコレを言いたいわ。もう、おばちゃんの喘ぎシーンとか見たくない笑 同じおばちゃんの私が言うから角は立たないはず・・・。誰得なのそのシーン?

 

ミランダを演じるシンシア・ニクソン自身、男性パートナーとの間に二人の子供がいて別れた後、2007年に女性と付き合っていることを公表し、2015年に同性婚しています。

 

2018年に子供がカレッジを卒業したとインスタにアップしているので、子供が多感な頃に母が同性カップルと付き合い結婚しているって、日本人にはかなり衝撃的じゃありませんか?

 

ちなみに、シンシアは2018年にニューヨーク州知事選に出馬し敗れた経験がありますね。

 

そして、年配の方じゃないと知らないと思いますが、シンシアは、14歳のときに映画「リトル・ダーリング」に出てました。この映画はDVDになっていないので観られませんが、Youtubeにアップされています。あービックリ、あの子がシンシア・ニクソンだったのかー芸歴長いのね。

今回も言いたい放題の感想でした。And just like that はU-NEXT(ユーネクスト)独占配信です。

コメント