Dlifeで放送中の『殺人を無罪にする方法』
12話まで終わり、あと残るは13話とファイナルです。
誰がライラを殺したか?!知りたくて待てなくて英文サイトを読んできましたww

 
さて、これまでの、ストーリーをざっと振り返ってみましょう。

キャストについてはこちら
殺人を無罪にする方法シーズン1のキャストプロフィールと画像あり♪

アナリーズ・キーティングはバリバリの現役弁護士であり大学で犯罪学も教えている女性です。
ドラマのタイトルどおり、彼女は生徒たちの前で「私が教えるのは殺人を無罪にする方法だ」と言い切ります。生徒たちの中から有能な5人(ウェス、ミカエラ、ローレル、コナー、アッシャー)を選びインターンとして自分の事務所で実習させています。

ライラという若い女性が殺される事件が発生します。この事件にかかわっているのが後にウェスの恋人になる隣人レベッカ。彼女の弁護を引き受けるアナリーズ。徐々にライラとの関係が浮き彫りになってくるアナリーズの夫サム。

ドラマ冒頭から、何度も繰り返されるフラッシュバックシーン、彼らがアナリーズの夫の死に大きくかかわっていることがわかります。

 

12話ではアナリーズの裏工作によって彼女の愛人である元刑事のネイトがライラ殺しの容疑者として捕まってしまいます。

アナリーズいいの?ネイトは心の支えじゃないの??前回みたいにネイトを売っていいの???

 

こちらは13話の予告編

 

ネタバレになりますので、大まかな内容だけ書いておきます。

13話ではアナリーズの母親が登場しアナリーズの過去が明かされます。
内容はかなり衝撃的!

アナリーズの代わりに事務所のスタッフであるボニーが別件で法廷に立ちます。
アナリーズは尋問室でネイトに会いますが、何やら紙をそっと握らせるので、この後、どんな手を使ってネイトを助けるのか想像させてくれます。
一方、ウェスはついに前住人であるルディを訪ねますが・・・

レベッカにはまだ謎がありそうで、ウェスとはどうなるのか?

 

美しいローレル役のカーラ・ソウザ。フランク役のチャーリー・ウィーバーと。
この二人には進展があるのでしょうか?

どのキャストも魅力的で良い味をだしていますよね。
次回につづきます・・・